文字サイズ
標準
拡大

ボランティアOSAKA

ボランティアOSAKAについて

 ボランティアOSAKAでは、その時代に応じた先進的な取り組みをされているボランティア活動に焦点をあて、紹介しています。 2014年度からは本会機関紙「ふくしおおさか」と統合し、年4回にわたってボランティア情報をお届けしています。

最新号

  • ボランティアOSAKA No.96 ひとり暮らしの高齢者を元気づけたい ~大学生が手紙を通して届ける思い~
     新型コロナウイルスによる外出自粛によって、高齢者や障がい者が自宅に閉じこもりがちになり、心身機能が低下するなど、日常生活にさまざまな課題が生じています。
     そんな中、泉佐野市社協では子育てサロン参加者へ子ども用マスクを配布したり、池田市社協では、「お変わりないですか活動通信」を発行するなど、離れていてもつながりを途切れさせない見守り活動が展開されています。
     今回紹介するのは、吹田市社協と連携した、大阪大学の学生が展開する新たな見守り活動です。

ボランティアOSAKA最新号

  • ボランティアOSAKA No.95 少年院在院者の地域貢献プロジェクト
     阪南市の少年院「泉南学寮」の在院者を中心とした「泉南学寮グリーンサポーター」が、地域のボランティア団体として阪南市社協に登録。
     ボランティア団体登録の認定式では「非行をして迷惑をかけたが、少しでも人の役に立てるよう活動したい」と決意が述べられました。

バックナンバー

お問い合わせ

地域福祉グループ
TEL:06-6762-9473

おおさかええまち
はねっと
新版・児童福祉施設援助指針
介護事業所・生活関連情報検索
標準
拡大