文字のサイズ 縮小 標準 拡大
府社協からのお知らせ
トップページ >> 生活支援部

福祉資金部

福祉の貸付制度・生活福祉資金

自立支援策として低所得者、障がい者、高齢者世帯に対し資金の貸し付けと必要な相談支援を行う生活福祉資金貸付制度を運用しています。

あなたの生活をサポートする5つの資金

福祉資金

 低所得者、障がい者又は高齢者の世帯に対し、資金の貸付と必要な相談支援を行うことで、 経済的自立および在宅福祉、社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。
(生業、技能習得、療養・介護、住宅増改築等)

教育支援資金

 低所得者世帯を対象に、学校教育法に規定する高校、短大、大学、高等専門学校に就学するのに必要な経費を無利子でお貸しする貸付制度です。

総合支援資金

 失業や減収により生計維持が困難になり、生活再建のための継続的な相談支援を必要とする世帯に対し、資金を貸し付ける事で世帯の自立を支援する貸付制度です。

 生活支援費:月20万円(単身15万円)以内
 最長3か月以内(ただし平成25年4月より。計1年以内での延長申請が可能)
 ※住居のない離職の方には、公的制度給付等までのつなぎ資金制度もあります。

不動産担保型生活資金

 住み慣れた我が家で老後を送れるように、所有しているお住まいの土地・建物を担保として生活資金をお貸しする貸付制度です。

 土地評価額1000万円以上
 65歳以上・月30万円以内の貸付

緊急小口資金

 緊急小口資金は、生活困窮世帯が緊急的かつ一時的に生計の維持が困難になった
場合に、 その必要な費用について少額の貸付を行い、生活困窮者自立支援事業等との連携により、当面の課題の解決と世帯の自立の支援を図ることを目的とした貸付制度です。

 10万円以内貸付

東日本大震災等で被災し府内に避難してきた世帯への支援

生活復興支援資金(震災特例)

 東日本大震災により被災した低所得世帯の生活復興を支援するため、一時的または当面の生活に必要となる経費について貸付を行う事業です。

あなたの貸付相談窓口は

大阪市内の方

お住まいの各区社会福祉協議会へ

大阪市外の方

生活困窮者に対する相談支援事業

 大阪府の委託を受け、島本町を除く府内各町村(能勢町、豊能町、河南町、太子町、千早赤阪村、田尻町、忠岡町、熊取町、岬町)における「生活困窮者自立相談支援機関」として、各町村を所管する大阪府子ども家庭センターをはじめ各町村内の社協や社会福祉法人施設など様々な関係諸機関との連携を図りながら、生活困窮者の方に対する総合相談から就労支援、家計相談支援あるいは生活困窮世帯の子どもたちに対する学習支援の実施など自立に向けた支援活動を実施しています。

学習支援ボランティア

 生活困窮世帯の子どもたちに対する「学集会」に学生ボランティアとして
参加しませんか。

学生ボランティア募集・参加登録ページはこちらから

野宿生活者に対する総合相談事業

 各事業実施市の委託を受け、豊能・三島地域及び中河内・南河内地域を巡回し、野宿生活者の方と面談し健康や生活状況等を見守りながら、 医療機関の紹介、仕事探しのお手伝い、借金問題の相談、生活保護等各種制度活用に関する助言等、野宿生活からの脱却に向けた相談・支援活動等を行っています。

 また、野宿生活から居宅生活に移られた方々に対しても、バーベキュー大会など仲間同士が集まれる場の提供等アフターフォローを独自事業として取組んでいます。
PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。
アイコンをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードしてください。(無償)

ダウンロード ダウンロード
〒542-0012
大阪市中央区谷町7-4-15 大阪府社会福祉会館1階

福祉資金グループ
・貸付担当
  TEL:06-6762-9474 FAX:06-6767-1562

・償還担当
 TEL:06-6762-9480  FAX:06-6767-1562

生活困窮者支援グループ
TEL:06-6762-9494  FAX:06-6762-9479

野宿生活者支援グループ
TEL:06-6762-9477  FAX:06-6762-9479