コンテンツ


職場体験事業 福祉・介護の仕事を実際に体験!

就職する前に、福祉・介護の職場を体験してみませんか?
各施設・事業所の特色を知ることができる職場体験は、福祉のお仕事や今後の就職活動に活かせます。

 職場体験をされた場合は、雇用保険上の求職活動として認められます。

  • 「福祉の職場ってどんなところ?」という疑問や不安を解消・軽減することができます。
  • 体験したい事業所を選ぶことができます。
  • 現場職員の話を、直接聞くことができます。
  • 職場体験レポートを書くことによって、福祉職で必要不可欠な「記録の作成」を体験できます。
  • 採用選考・面接前に、興味ある職場を知ることができます。

職場体験事業の簡単4ステップ

STEP 1 登録

事前に登録申込が必要です。登録は、大阪福祉人材支援センター、またはお近くの登録窓口やイベント会場へ直接お越しください。体験者番号が記載された「職場体験サポートブック」をお渡しします。
※メール・郵送・FAXによる申込は受付できません。

STEP 2 申込

申込が職場体験の第一歩となります。職場体験受入事業所一覧から体験したい事業所を選び、体験希望事業所へ直接電話します。日程・服装・持ち物などを申込先の担当者と打合せしてください。当センターにおいても、申込のお手伝いもいたします。お気軽にご相談ください。

STEP 3 体験

現場職員さんの指示に従って体験し、福祉職の魅力を感じてください。体験修了後はサポートブックに綴じられている「職場体験レポート」を書いて、原本を事業所に提出してください。

STEP 4 就活

大阪福祉人材支援センターでは、あなたの就職活動を応援します。就職活動に関するご相談、各種セミナー・イベントのご案内、お仕事の紹介をしています。また、Webサイト「福祉のお仕事」では福祉・介護の求人検索や求職票登録をすることができます。

※ 2022年3月頃に就労状況等に関する調査を実施いたしますので、回答についてご協力をお願いします。

職場体験事業登録窓口

職場体験事業の登録は、下記の窓口で随時行っております。
ご登録いただいた方には、職場体験に必要な「職場体験サポートブック」をお渡しします。

職場体験受入事業所一覧

この一覧表は、随時更新しています(最新は、2021年11月15日付です)。

※ シート内が 水色 で色付けされている事業所が、現在受け入れ可。
ただし「就職希望の方のみ」や「コロナの感染状況をみて判断」など、条件付きでの受け入れ可も含まれますのでご了承ください。
体験を希望される事業所に、直接お問い合わせください。
Excel内「法人名・事業所名」のところから、色フィルターで絞り込みができます。

  • 【地域別】 職場体験受入事業所一覧(Excel)
    大阪市・堺市・北摂・河北・河南・泉州の地域別に、検索・データの並び替え・絞り込みができます。
    地域の区分
    大阪市(大阪市)  堺市(堺市)  北摂(池田市・茨木市・島本町・吹田市・摂津市・高槻市・豊中市・豊能町・箕面市)  河北(交野市・門真市・四條畷市・大東市・寝屋川市・枚方市・守口市)  河南(大阪狭山市・柏原市・河南町・河内長野市・太子町・千早赤阪村・富田林市・羽曳野市・東大阪市・藤井寺市・松原市・八尾市)  泉州(泉大津市・和泉市・泉佐野市・貝塚市・岸和田市・熊取町・泉南市・高石市・田尻町・忠岡町・阪南市・岬町)
  • 【事業種別】 職場体験受入事業所一覧(Excel)
    サービスの種類(特別養護老人ホーム・デイサービス等の事業種別)で、検索・データの並び替え・絞り込みができます。
  • 【全地域】 職場体験受入事業所一覧(PDF)
    Excel形式のファイルが開けない、Officeと互換性を持つアプリケーションがない等の場合は、PDFで閲覧できます。

※「所在地」欄の住所をクリックするとグーグルマップにリンクします。グーグルマップでは、位置が正しく表示されなかったり、表示がズレてしまう場合があります。正確な情報は、事業所の住所や公式HP等を参考に、必ずご自身でご確認ください。
※ 事業所都合により、一覧表に記載されていても、受入れができない場合があります。
※ 一覧に記載されている受入先は、求人募集が出ている事業所とは限りません。

職場体験のルールとお願い

ご不明な点は、当センターまでお気軽にお問い合わせください。

体験期間2021年4月から2022年3月末までです。
体験日数年間合計10日間です。
複数の事業所での体験や、一つの事業所で複数日の体験をすることができます。
体験プログラム1日につき4時間以上8時間以内(休憩時間を含む)で、各事業所が用意するプログラムを体験します。
職場体験では、夜勤・宿直はありません。
参加費用職場体験は無料です。
ただし、食費・交通費は自己負担となります。
職場体験においては、事業者との雇用関係は発生しないので、賃金は支払われません。
体験当日「職場体験サポートブック」を必ずご持参ください。
体験終了後、職場体験サポートブックに綴じられている「職場体験レポート」を記入し、
原本を体験先事業所に提出
していただきます。
その他体験する事業所で、事前の面談やオリエンテーションが行われることがあります。
また、個人情報に伴う守秘義務に関する同意書等の提出を求められることがあります。
体験に臨む姿勢・態度に対して、事業所が体験を続けることが困難と判断した場合、中断を求められることがあります。

よくあるご質問(Q&A)

質問者

どんな職場で体験できるの?

質問者

たとえば、高齢者福祉では、特別養護老人ホーム、デイサービス、グループホームなど、いろいろな事業所があります。 体験できる職種も事業所によってさまざまです。

質問者

自分に合った体験先がわかりません。体験をする際にサポートをしてもらえますか?

質問者

体験先選びや、申込みのお手伝いをしますので、お気軽に当センターへご相談ください。

質問者

福祉の仕事は初めてなので「体験についていけないのでは?」と不安です。

質問者

ご安心ください。事業所に体験申込みされるときに、体験内容についても打合せできますので、あなたに合った体験ができます。
※ 体験内容は受入先の事業所により異なりますので、ご確認ください。

実際に体験された方の声(アンケートより)

質問者
(40代女性)
「介護のしごと 就職相談会&面接会」に参加して、職場体験を申し込みました。希望職に9年間のブランクがあり、不安がありましたが、当日は担当の方が、一日説明・指導をしてくださり、体験中は不安なく勉強することができました。いろんな職種が一丸となって、利用者様が健康、安全、安心に暮らしていかれることを再認識しました。目標を持って活動していきます。
質問者
(50代男性)
障がい者施設で、とっても貴重な体験をすることができました。 施設の現場では、とてもよくおしゃべりする皆さんでした。毎日を元気に過ごされ、新しく未来に向けて生活を繰り返す。単純なように見えて、信じられないくらいとても複雑なやり取りがあるのではないかと思います。貴重な体験を提供していただき、ありがとうございました。
質問者
(20代女性)
職員さんの力だけで上げるのではなく、リフトという、力を加えることなく安全に利用者さんを移動させる機器を初めて見て、実際に乗って体験することで介助する側だけでなく、利用者側の乗っている感覚、安全性を知ることができました。利用者さんと職員さんの距離もとても近いように見えて、寄り添った存在に見えたので『介護職』に対する印象が良い印象に変わりました。

「大阪府介護人材確保・職場定着支援事業(職場体験事業)」のチラシ(PDF)

お問い合わせはこちらまで

(福)大阪府社会福祉協議会 大阪福祉人材支援センター
TEL:06-6762-9006

(平日9:00~17:00)