事業所内保育施設とは

事業所内保育施設を置くメリットは?

企業にとっては人材の確保・定着や社会貢献、
社員にとっては満足度の向上と、双方にメリットがあります。

事業所内保育施設を置くメリットは?

育児による離職防止

優秀な人材の確保

社会貢献につながる

安心して働ける

仕事に注力できる

出社前後の時間効率化

どんな設置・運営方法がある?

2つの設置方法、2つの運営方法を組み合わせることで、
自社の事情に合った設置・運営ができます。

設置方法

自社単独設置型

自社内の社員を対象とし、1社で単独に設置する事業所内保育施設

共同設置型

系列のグループ会社、同業の数社、近隣の数社など複数の企業で協力して設置する事業所内保育施設

運営方法

直接運営方式

保育士を自社あるいは共同設置企業で直接雇用し、施設運営を直接行う方式

委託運営方式

保育士の雇用や施設運営を保育事業者に委託し、事業所内保育に関する自社業務を軽減させる方式

でも負担が大きくない?

事業所内保育施設には認可事業認可外保育施設があります。
認可事業には、市町村等からの給付があり、認可外保育施設には、
利用可能な助成金があります。

事業内保育施設

事業内保育施設

地域型保育事業(市町村認可):地域型保育給付

認可外保育施設(府または市町村への届出):企業主導型保育事業助成金

※1 助成金には一定の要件があります。
(全ての認可外保育施設が助成金を受けられるわけではありません)

4つのサポート

保育所づくりをサポートします。

相談受付

相談受付

事業所内保育施設設置に向けた
ご相談に応じます。

設置・運営のノウハウをご提供

設置・運営のノウハウをご提供

保育施設運営のための人材の確保や
運営ノウハウについて、情報提供を行います。

事例紹介やセミナーの実施

事例紹介やセミナーの実施

すでに事業所内保育に取り組まれている企業の
事例紹介や、導入に向けたセミナーを行います。

その他

その他

関係機関※2へつなぐほか、
助成金申請のアドバイス等を行います。

※2 保育所等の運営ノウハウを持つ社会福祉法人等
認可権限や助成制度を所管する市町村等