39(サンキュー)矢野基金 活動報告

善意によっていただいた募金は、近畿圏内の筋ジストロフィー患者への車いすの購入費用の助成や、大阪府内の児童養護施設で暮らす子どもたちへの活動支援などに活用させていただきます。

<活動報告>

 令和元年度は、皆さまからの寄付金を活用し、下記の活動を行いました。

〇6月~8月までの期間中、阪神タイガースの公式戦において、近畿圏内の筋ジストロフィー患者様 計10グループを甲子園球場に招待しました

〇車いすの助成事業では、H30年度にご応募いただいた筋ジストロフィー患者様5名に対し、電動車いすの購入費用を助成させていただきました。

関連記事はこちら

 令和元年8月12日、「大阪府児童養護施設野球・ソフトボール大会」が開催され、「39矢野基金特製ノート」と表彰メダル(野球・ソフトボール)、前年度優勝チームへのトロフィーレプリカを寄贈しました。
 男子野球は3対2の接戦で優勝は南河学園、準優勝は愛育社。女子ソフトの優勝は三ケ山学園、準優勝は愛育社で、チーム一丸となっての熱戦が繰り広げられました。


矢野監督からの温かいメッセージが刻まれている特製ノート。

優勝、準優勝、第三位までにメダルが授与されました。

<決算報告>

平成30年度は、皆様から3,571,329円もの寄付をいただきました。
ご協力いただき、誠にありがとうございます。決算報告書はこちら