日常生活支援事業

日常生活自立支援事業とはどのような事業なのでしょう?

認知症や知的障がい・精神障がいなどで判断能力が十分でない方の暮らしの安心をお手伝いする事業です。
次のようなサービスが利用できます。

福祉サービスの利用援助

  • 介護保険などの福祉サービスを利用する手続きのお手伝い
  • 福祉サービスの利用に関する情報提供、相談援助

日常的金銭サービス

  • 福祉サービスの利用料金や、医療費、公共料金等の支払い
  • 年金や福祉手当の受領に必要な手続き
  • 日常生活に必要な費用の支払いや、預貯金の出し入れ

通帳や証書類、はんこ等の預かりサービス

  • 預金通帳や印鑑、証書(年金証書、権利証書、契約書など)の預かり
    ※宝石、書画、骨董品、貴金属などは預かれません。
一人で判断に迷う時や困った時に、いつでも専門員や生活支援員に相談できます。

福祉サービスって何?

介護保険制度などの高齢者福祉サービス、知的障がい者や精神障がい者が利用する福祉サービスなどです。
例えばホームヘルプサービスやデイサービス、食事サービス、入浴サービス、外出支援サービスなどさまざまなサービスがあります。

金銭管理ってどういうことをしてくれるの?

社会福祉協議会が、年金や保護費が振り込まれる通帳をお預かりし、生活支援員があらかじめお約束した生活費をお届けしたり、医療費や福祉サービスの利用料の支払い手続きのお手伝いをします。

どのようなひとが利用できるのでしょうか

自分ひとりで契約などの判断をすることが不安な方やお金の管理に困っている方などが利用できます。
例えば、認知症や知的障がい、精神障がいなどで判断能力が十分でない方が対象になりますが、療育手帳や精神障がい者保健福祉手帳を持っていたり、認知症の診断を受けている方に限られるものではありません。施設や病院に入所、入院している方も利用できます。
  • ホームヘルプサービスなどの福祉サービスを利用したいが、どうすればいいかわからない方
  • 通帳や印鑑をしまった場所がわからなくなったり、公共料金などを払い忘れてしまうなどお金の管理が心配な方
  • 年金などの書類が届いても、どう手続きしたらいいかわからない方
  • 年金や生活保護費で生活しているけれど、計画的にお金を使えない方
  • 大切な証書や印鑑などを自分で管理するのが不安な方

相談から契約・援助までの流れは?

  • 相談は無料です。
  • 生活支援員による援助は利用料が必要です。
    (利用料は各市町村社会福祉協議会により定められています。)

★事業内容のわかりやすい説明はこちらです。

★各市町村社会福祉協議会の連絡先はこちらです。

相談から契約・援助の流れフローチャート

※画像をクリックすると拡大したものが
表示されます


↑ページのトップに戻る